パソコン初心者におすすめの資格

2019.12.21

パソコン初心者におすすめの資格!

MOSとは(マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト)
パソコンの資格で最も有名なものは、マイクロソフト・オフィス・スペシャリストです。略して MOS モスといいます。
MOSはWordやExcelなどMicrosoftOffice製品の利用スキルを証明できる資格になります。
Microsoftの公認資格であり、世界で約200の国と地域で実施されている国際資格になりますので、国内での企業認知度も非常に高くなっています。

”就職や転職では 有利になる資格”

「WordやExcelが使える」というスキルを客観的に証明できるので、就職・転職時のアピールになります。
学生が就職活動の中で取得したり、転職やパートなどで事務職に就きたいというのが理由で取得することも多くなっています。
また、社内での業務や作業効率の向上にも役立つ資格なので、会社から取得を目指すように言われるケースも増えています。

MOS資格の種類

Officeには Word、Excel、PowerPoint、Access、Outllookがあり、資格試験もそれぞれアプリケーションごとになります。
バージョンは2019年9月末現在、2010、2013、2016の3バージョンが開催されています。(2010の全7科目は2020年3月に終了することが発表されています。)

また、一部のアプリケーションについては、上級資格のExpert試験もあります。

資格試験の勉強法

MOS資格の人気があるもうひとつの理由は、難易度がそれほど高くないことです。合格率が高いので、独学でも目指せる資格になります。

ただし、全くの初心者の方に独学はおすすめできません。
独学で勉強するためには、ある程度の知識は必要ですし、テキスト選びも重要になります。
集中して勉強できる環境も必要ですし、何より試験と同じ環境のパソコンがないと、そもそも勉強ができません。
初心者で資格取得を目指すという方にはパソコンスクールで学んでいただくのが、一番の近道です。

一言でパソコンスクールといっても、講習の実態は様々です。

  • ●DVDを見ながら操作する動画学習
  • ●テキストを見ながら個人のペースで進む個別学習
  • ●講師がつきっきりで教えてくれるマンツーマン学習

最近多くなってきている動画学習ですが、どこまでサポートしてくれるのか確認が必要です。中には動画を巻き戻して自分で確認するように言われるスクールも出てきているようで、これだと独学でやるのと変わらない状態になってしまいます。また、講師がDVD・ビデオ教材に頼りっきりで質問に答えられないことも。
質問したり、わからないところをサポートしてもらえるスクールを選ぶのも大事です。

次に個別学習についてですが、よく個別学習をマンツーマンと思われる方もいらっしゃいますが、多くの場合、個別学習とは個別学習用の教材を使って個々のペースで学習し、わからないところを講師にサポートしてもらう学習方法です。
普段インターネットを使っているとか、簡単な入力はできるという方は、個別学習で十分取得が狙えます。

パソコンをほとんど触ったことがない、WordやExcelを使ったことがない、という超初心者の方は、マンツーマンでの学習をおすすめします。
講師がつきっきりで指導してくれるので、わからないところもすぐに教えてもらうことができます。教科書では学べない知識も得る事ができます。

パソコン基本操作ができ、WordやExcelなど各アプリケーションの基礎がわかるレベルの方でしたら、なるべくお金をかけず、短期間でMOSを取得したい、という方には独学でのチャレンジもいいでしょう。
数々の出版社からMOS対策のテキストがでているので、時間の許す限りやり込んでいただければ合格への道が開けます。

自分に合った学習方法で、MOS取得を目指しましょう!